溶接パイプ ハステロイC276 t0.3xφ140x600L

D1-9830314-01%81%401.jpg
用途:マグネットポンプ用スリーブ 
特徴:ハステロイ板をロール加工し、突き合せ溶接にて薄肉溶接パイプを製作しております。板巻きにて製作するので0.10ミリ刻みで径の変更が可能です。 SUS316より酸化性環境での耐食性が優れています。
受注ロット:1本 
ニッケルをベースにした耐食・耐熱合金であるハステロイ合金(スーパーアロイ)の中で弊社では、ハステロイC276、ハステロイC22でキャンドモータ用パイプ、成型ベローズ用素管として、板厚はt0.2、、t0.3、t0.4、t0.5での実績があります。
D1-9830314-01%81%402.jpg
ハステロイC276 t0.3突合せ溶接パイプ
☆長所
・展開周長で管理しておりますので高い寸法精度を保証いたします。社内標準公差としまして展開周長と長さの公差±0.1以内(一部大径、長尺は除きます)となります。
・高い突合せ溶接技術により、溶接ビードの盛り上がりや膨らみのない平滑な仕上りとなります。
・溶接パイプにフランジや金具など取り付け溶接や蓋などを取り付けした容器など付帯した溶接加工の対応も可能です。
★短所
・長さ1250Lを超える長尺管の製作が原則できません。
・また板厚、径によりパイプ長さに制約があります。
詳しくは下記突合せ溶接パイプ製作対応表をご覧ください。
・極薄板、箔をロール加工した上、材料自体にたわみもあり、真円度を保障できません。
キャンドモータ用キャンなど勘合するような用途は展開周長で保障させていただいておりますのでご安心ください。

溶接パイプ製造可能範囲早見表は左欄のページをご参照ください。
(表はステンレス基準となっております。ハステロイC276の場合成形性が異なりますので目安でご参照いただき、詳細はお問合せ頂ければ幸いです)

管理番号:071029