ニッケル電鋳板 t0.5 突合せ溶接

Ni%20sheet%20t0.50%20welding.JPG
サイズ:0.50ミリ 突き合せ溶接 
用途:スタンパ用 
特徴:ニッケル電鋳材料の溶接加工を行ないました。
電鋳とは、JIS規格では「電気めっき法による金属製品の製造・補修または複製法である」と規定されています。電気鋳造の略で英語ではElectroformingと言われています。
乱暴な言い方をするとメッキの皮です。表面加工はミクロン精度の精細な加工が施されています。
弊社では突合せ溶接にて板サイズを大きくする、一定ピッチに並べてつなげるタイリング加工、円筒成形して両端部をつけてパイプや転写用スリーブにすることができます。
実績は板厚最薄0.20ミリから最厚0.80ミリです。
Ni圧延板やステンレス板(SUS304,SUS430など)との突合せ溶接も可能です。
スタンパ以外の領域をダミーシートで大板化、もしくは大径化できます。

管理番号:070426